スポンサーリンク

【理論派ベーシスト育成計画】Lv.1 音名とルートの位置を覚える練習

【初心者向け】ドレミをアルファベッドで覚えよう【CDEFGAB】

音名をアルファベットで覚えよう

こんにちは、ベース講師の高橋和明(@KAZUAKI_virgiL)です。

今回のテーマはこちら!

“Thema”「ドレミをCDEで覚えよう!」
Conclusion基本中の基本事項です!

「ひらがなの書き方を覚えよう!」と同じくらいの意味合いで、すべての音楽人が必ず乗り越えなくてはいけない最初の壁です。

簡単なので、必ずマスターするようにしましょう!

初めて楽器の世界に足を踏み入れた人には、なかなか馴染みのない「CDEFGAB」という音名。
これは、ドレミファソラシドを言い換えた言葉になります。

和明さん

「Aマイナー」とか「Fコード」とか、一度は聞いたことありますよね!

音楽の世界、とくに弦楽器の界隈では「ドレミファソラシド」という言葉は滅多に使いません。

「CDEFGABC」というアルファベットで会話をします。

音名をアルファベットで分かるようになれば、
世界中のミュージシャンと共通言語で話ができるようになります。
楽譜が見つからない曲も自由に演奏できるようになります。

この記事を読み終わる頃には、100%習得できます。
ちょっとだけ頑張って覚えてみましょう!

スポンサーリンク

ドレミファソラシドをアルファベットで覚えよう

鍵盤で覚えるアルファベットの音名
まずは黙って丸暗記だッ!!

女の子
生徒さん
え、説明とかないんですか?

和明さん

まずは何も考えずに覚えて!

音名に関しては「こういうものだ」と思って丸暗記する以外にありません。

Q.「どうして4は漢字で”四”って書くの?」
A.「そう決まってるからです」

これと同じような感じで「ドはC, レはD」と決まっているので黙って従って覚えるしかありません。

読み方は普通のアルファベット読みで「シー, ディー, イー, エフ, ジー, エー, ビー, シー」です。

上記の画像を眼に焼き付けるところから始めてもいいですね。

  • アルファベットはA〜Gの7つ(ドレミファソラシの7音ぶん)
  • ドがC
  • Aはラ

この3点だけしっかり覚えておけば、自然に頭に入ってくると思います!

和明さん

「ドレミファソラシド〜♪」の音程で
「CDEFGABC〜♪」と歌って覚えちゃいましょう!


ドレミをCDEに スケール比較

指板でみるとこんな感じ。
呼び方が変わるだけなので、音の配置は同じです。

和明さん

実際に楽器でスケールを弾きながら「CDEFGAB」の音と位置を確認してみてください!

音名に関する雑学

ドレミファソラシドはイタリア語

Do Re Mi Fa Sol La Si

よく日本語だと思われがちなんですけど、僕たちが子供の頃から使ってきた「ドレミファソラシド」は実はイタリア語の音名なんです。

いろいろな呼び方

ちなみに日本語では「ハニホヘトイロハ」になります。

和明さん

小学校の頃に一度は「ト短調」とか「ハ短調」とか聞いたことがあると思います!

C D E F G A H

ドイツ語では「ツェー, デー, エー, エフ, ゲー, アー, ハー, ツェー」ですね。

クラシックの庭のプレイヤーさんには、馴染みのある音名だと思います。

C D E F G A B

音楽の世界で標準で使われている「CDEFGABC」はアメリカ・イギリス式。

和明さん

ちなみにアメリカ本国でも、普通の人は我々と同じように「ドレミファソラシド」を使っているんですって!

どうしてド=Cなの?

女の子
生徒さん
なんでCから始まるんですか?

結論をいうと「本来の音楽の基準はA(ラ)だったけど歴史の流れのなかで軌道修正されたから」です。

その大元の起源を辿ってみると

  • 「赤ちゃんの産声の高さがAだから」説
  • 「古代ギリシャの旋律の基準がAだったから」説
  • 「男性の出せる最低音がGで、その1音上のAを基準にしたから」説

などなど、諸説ありなんですけども。

音楽の世界でA(440Hz)の音が重要なのは間違いありません。

分かりやすいところだと、オーケストラのチューニングは基準周波数440Hzに合わせます。
「ピ・ピ・ピ・ピーン」でおなじみ時報の音も440Hzです。

ギターやベースのチューナーも、デフォルトの設定では440Hzが基準になっています。

これが長い時間を経て、いつの頃からか

「やっぱりC(ド)をスタートにしたほうが響きも明るくて良いんじゃね?」

ということでCから始まる音階が標準になりました。

五線譜の中心はCの音

現代の五線譜でも、中心の音はCになっていますよね。

和明さん

コレに関してはあまり難しく考えずに「そういうものだから」と割り切ってしまうのが良いかなと思います!

指板上の音の位置を覚えよう

次に、上の項目で覚えた音名がベースの指板のどこにあるかを覚えてみましょう。

和明さん

ゲームに例えると、説明書に「Aボタンで通常斬り」「Bボタンで回避」と書いてあったコトを、実戦で使えるように練習する段階です!


段階を踏んで実用レベルまで習得しましょう。
今回の記事では、覚えるターゲットを3弦・4弦に絞ります。

和明さん

まずは使用頻度が圧倒的に高い低音弦から!
高音弦をピロピロする曲なんて、最初の頃は弾かないですよね!

高音弦の音の位置を覚える方法はコチラから!


まずは開放弦です。
4弦開放の3弦開放のは、チューニングのときに使う音なので無意識にでも理解できると思います。

和明さん

E=ミ、A=ラですね!


Cのメジャースケールは基礎練習でも馴染みの深いものなので、
3弦3フレットの5フレットのはすぐに頭に浮かぶんじゃないかなと思います。

和明さん

3弦3フレットからドレミファソ〜って弾きますよね!


4弦3フレットのG5フレットのA
このあたりもロック系では頻繁に使用されるポジションなので、比較的覚えやすいのではないでしょうか。

和明さん

こんな感じで「よく使う音」から1つずつ覚えていきましょう!


開放Eの半音上は
Cの半音下は

こんな感じで周りに付随する音と関連付けて覚えると、より効率的に指板が見えてきますね!

和明さん

EとFBとCはそれぞれ半音の関係なので隣のフレットにあります!
ピアノで見てみると、黒鍵がない部分の音です!


まずは7フレット前後まで覚えておけば、十分楽曲に対応できるようになるでしょう。

(シャープ)や(フラット)のついた音に関しては、覚えた音の位置を半音ズラすことで導き出すことができます。
まずはC〜Bの位置を集中して覚えるようにしましょう。


音名を覚える練習

コードを追って演奏してみよう

あとは実践あるのみです!

上記の音価の位置を頭の中で50%ほど把握できたら、このステップに移ってみて下さい。
残りの50%は、実際に使用することで少しずつ補われていきます。

和明さん

自分に優しく!
「なんとなく分かったかも…」と思ったら、どんどんステップアップしていきましょう!


コード進行掲載サイトU-FRETさん等で自分の好きな楽曲を探して、8ビートでコードを追ってみましょう。


入門初級のページから曲を探すと、使用されているコードの少ない楽曲を見つけることができます。


僕のオススメはアンパンマンのマーチ(移調 -1)です。


U-FRETさんより

誰でも頭にメロディを思い浮かべることができて、適度にコードの移動もあります。
移調-1でKey=Cになるので、上記で覚えた音名しか使われません。
※シャープやフラットが使われません。

ここまでで覚えたフレットを思い出しながら、コードを追いかけてみましょう!

最初はリズムを刻まなくても、ボーン・ボーンと白玉で音を伸ばすだけでもOKです。

指板上の音名を理解することにフォーカスを当てているので、曲に合わせてルート音が見つけられるだけで十分な練習になります。

和明さん

最初は、頭の中でしっかりメロディーを把握できている曲で練習することをオススメします!

小文字や数字のついたコードについて

いろんな楽曲のコード譜を見ていると、こんな表記のコードが現れることがあります。

和明さん

mとか7とかadd9とか…
なんやねん!


その場合には、最初の大文字のアルファベットだけを読むようにしましょう。

この大文字を「ルート音」と呼び、ベースが担当するべきコードの基準音を示しています。

小文字や数字の使い方についての解説は、次回「理論派ベーシスト育成計画 Lv.2 指板上のコードトーンを覚える」で詳しく説明します!

和明さん

難しいことは無視!
まずは大文字の部分だけを見て、音を探せるようになりましょう!

慣れてきたら、1弦・2弦の音の位置も少しずつ見えてくるようになるはずです。

まとめ

どんな曲でも初見でコードを追いかけられるようになったら、ベーシストとしては「脱初心者」達成です。

まずは、

  • CDE…という音名の理解
  • 3・4弦の音の位置の理解
  • コード譜を見ながらルートの音を演奏

この3つのステップをクリアしてみましょう!

千里の道も一歩から!
1歩ずつ、焦らずに。

音楽は、基礎を制した者が全てを制す世界です。

次のレベルに向けて、まずはこの項目をマスターしてみて下さい!

理論派ベーシスト育成計画