現役ベース講師が語るベーシストの音楽理論の必要性について

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

今日は音楽理論の必要性について。

「ベーシストに音楽理論って必要なの?」

現場でディグリーネームだけ書かれた初見の楽譜を渡されて、ぶっつけ本番で2時間ウォーキングベース弾きっぱなしとか。

僕の場合は現場でそういう芸当が必要になってくるので、音楽理論が必須です。

我々のような《音楽理論が分かるのが仕事》みたいな世界がある一方で、バンド活動のように音楽理論が全く分からなくても活動に支障が出ない世界もあります。

皆さんの場合はどうでしょうか。
この記事で判断して頂けたら嬉しいです。

スポンサーリンク

そもそも音楽理論とは

音楽理論(おんがくりろん、英語:music theory)とは、音楽学の一分野で、音楽の構造や手法を理論立てて説明するもの、またその論。 クラシック音楽といった西洋音楽の基礎的理論は楽典としてまとめられ、音楽教育に用いられる。

Wikipediaより

後付け理論

人類の進化の過程から見た音楽の歴史では、常に感性が先です。

「どうしてこのメロディは気持ちよく聞こえるんだろう?」

そのふわふわした気持ち良さをはっきりと説明するために、後付け・こじつけで作られた理論。
それが音楽理論の正体です。

ただ、その後付け理論があるおかげで先人達の知恵や技術を誤認する事なく正確に受け継ぐことができるのです。

音楽理論が分からなくても

実際問題、音楽理論が分からなくても人の心を動かす音楽を取り扱うことは可能です。

少なくても、僕が初めて楽曲を発表した段階ではコードネームと簡単なスケールの使い方ぐらいしか知りませんでした。

それでも高校生当時の僕がリリースしたCDは100枚以上を売り上げ、ラジオ番組の主題歌にも採用されました。

音楽理論なんか勉強しなくても、それぐらいのことは可能なんです。

スポンサーリンク

音楽理論が使えると

そこに≪音楽理論を武装≫できるとどうなるか。

音楽理論を学ぶようになってから、武装丸裸の高校時代と比べて変わったことです。

耳コピに強くなる

まずは耳コピが格段に早くなりました。
元々相対音感が強かったので耳コピ能力には長けていたんですけど。
楽曲中に使用できる音を判断できるようになるので、耳コピの能力が更に上昇しました。

サポートの依頼を受けた際にスタジオで初見の楽曲にその場でアドリブで合わせられるようになったのも、音楽理論の力です。

作曲が上手くなる

楽曲提供を仕事として引き受けられる程度に、作曲の能率が跳ね上がりました。
もちろん、感性が死んだわけではありません。

何も知らない状態に比べてできること・やっても良いことが理解できるようになるので、音楽の幅が広がりました。

選択肢が増えれば当然やれることが増えるわけで、結果として作業に行き詰まることが減り能率があがります。

コミュニケーションが円滑になる

プロデューサー業をやっていると、バンドマスター(バンマス)をやる機会が多くなるんですけども。
その際に共通言語である音楽理論で会話ができると、会議がとってもスムーズに進みます。

音を口頭で伝えるって、すごく難しいことなんです。
自分のバンドの楽曲に何か提案がある場合など、自身の思っていることを正確に伝えたい場合はやはり音楽理論が役に立ちます。

貴重なスタジオでの有限な時間を無断にしないためにも、音楽理論で会話ができることは大切です。

スポンサーリンク

まとめ

つまり「音楽理論を知ってると金になるよ!」っていう笑

黒いリアルな話はさておき。
最終的に「音楽理論って必要なの?」という問いの僕が出せる答えはこちら。

「知っていると便利だよ」

音楽を人に教える立場の僕がこんなコト言うのも変な話なんですけど。
正直、音楽理論が万人に必要なものだとは思っていません。

ただ、
音楽の土台を支えるベースは音楽理論に最も近いところにいる楽器だと思っています。

「俺はベースだから音楽理論なんて要らないよ」なんて考えている人には、僕は自身を持って「ベースだから理論が必要なんだよ」と言いたいです。
それは間違いないと思います。

もし、今のあなたの音楽ライフをより豊かなものにしたいのであれば。
僕は音楽理論の習得をオススメします。

スポンサーリンク

シェアする